このクラブの経営に携わり5年

念願の初タイトルを獲得

本当に辛抱強くご支援頂いたこと

千葉ジェッツを取り巻くすべての人たちに感謝しかない

皆様と喜びを分かちあえたことに幸せを感じずにはいられない

この5年が短かったか長かったかはさておき

この天皇杯優勝には見えざる力が働いていたと

根拠はないが断言できる

「bjリーグのクラブとして初めての天皇杯参戦」

「bjリーグからNBLに初めてのリーグ移籍」

そこから泥沼の20連敗など試練が続き・・・

「バスケ界初のシーズン観客動員10万人突破」

「バスケ界で初めて売上高6億円突破」

そして、「天皇杯でプロクラブとして初めての優勝」

心の底から今回の優勝は

「バスケの神様がくれたご褒美」だと思っている

決して運やまぐれで手にしたものであるという意味ではなく

優勝に値する力をつけていた前提である

もちろん様々な力を結集して勝ち取った総合力の賜物であることは間違いない

ブースター、パートナー、ボランティア、バスケ協会、地域、取引業者、選手、

チームスタッフ、フライトクルー、船橋市を中心とする行政、株主、フロントスタッフなどの

熱い想いや努力があってこそ

そのうえで、5年間ぶれずに

「千葉ジェッツを取り巻くすべての人たちと共にハッピーになる」

というクラブの理念を実現するために、

バスケ界の常識にとらわれず、

批判も恐れず、

勝ち負けがすべてではなく、様々な挑戦が正しいかどうかではなく、

もしかしたら千葉ジェッツにとっても短期的には不利益かもしれない要素があっても

バスケ界の発展に通ずるかどうか

そして、

千葉ジェッツが、現在そして未来の関わるすべての人たちの幸せになるかどうか

この基準ですべてが判断され、

「利他主義」の精神で運営されてきたことが大きな見えざる力によるご褒美を受けた源泉ではないかと信じている

だから

千葉ジェッツは、どんなことがあっても謙虚に挑戦を続けることが出来るし、

この精神を貫くことで

今後も世の中のために運営されていくクラブとして

生きていくことになる

そして、再び栄冠を目指す

感謝・感謝・感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>