あたりまえだけど両方経験してみてその通りと思うお言葉。
さすがは松陰先生です。

意味は、
子供が親を思う心よりも、親が子供を思う、慈愛の心のほうが、
深いということ。
解説は、
江戸時代の終わりに、幕府を非難したため、安政の大獄で、処刑
された吉田松陰が、死の直前に残した言葉のようです。 親孝行で
あった吉田松陰が、自分の処刑に当たって、親が自分の死んだこ
とを知って、どんなに悲しむだろうかと、親に先立つ 親不孝を悲
しく思って作った歌のようです。このことわざには、「けふの音づ
れ何と聞くらん」という下の句があるようです。 全部の句の意味
は、「私が親を思う心よりも親の慈愛のほうが優れている。だから、
今日の私の死を、親はどんな思いで聞くのであろうか」 となると思
います。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>