いつぶり?高校の修学旅行?覚えていないがいずれにしても30年近くぶりで大阪城へ。試合までの僅かな時間で観光。とにかく改めてその大きさ、迫力に脱帽し、時の権力者の凄みを感じずにはいられない。天守閣へは大人600円で入れる。この時代の情報が多いせいか知識もある程度あるので各フロア楽しめる。信長から秀吉、そして家康という戦国時代の3人の名将の生き様を時系列で楽しめるのが嬉しい。驚いたのは秀吉が築城した大阪城よりも、大阪夏の陣以降に徳川秀忠が10年の歳月をかけて再築された大阪城の方がはるかに壮大で現存されているものに近いらしい。知らなかった・・・。

桜門枡形の巨石

場内一の巨石で108トンあるらしい。どうやって運んだのだろう?

大阪万博の時に場内に埋めたタイムカプセル。5000年後の人類へ・・・あまりにも先過ぎませんか。人類は存在しているのでしょうか。いずれにしてもスケールが大きくて高度成長時代の勢いを垣間見れていい。

壮大な天守閣。

大阪城の全体図。こりゃー外堀を埋めなきゃ落ちませんな。

天守閣の最上階からの大阪の景色。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>