高松へうどんツアーのつもりで来たのだが、急に小豆島に

行きたくなった。ノスタルジックでのどかなところにいきたい!

という衝動にかられたのだ。

決めたのが前日の晩。翌朝8時20分には高速艇に乗り込んでいた。

おそよ30分で小豆島の土庄港。

さっそくオリーブがお出迎え。

世界一狭い海峡。小豆島は地図をよく見るとわかるが牛の胴体に

似ている。まさに牛の鼻のあたりを分断しているのがこの海峡。

オリーブ記念館。高台になるので目の前に広がる瀬戸内海が美しい。

北野武のアート作品が何故かある。井戸から斧が刺さった、ヘドロを

まきつけた得体のしれない物体が一時間に一度顔を出す。

昔から地域のコミュニティとしても大切だった井戸を最近の人たちは

大切にせずごみなどを捨てる・・・そんな大切なものを見失った現代人へ

の怒りがテーマの作品だそうだ。

今回最も行ってみたかった二十四の瞳の舞台になった1902年8月

に建築された小学校が現存している。1971年に廃校。

自分の小学校もこんな感じで木造だった。そう、こんなノスタルジック

に飢えていたのだ!

懐かしい~。

続いて二十四の瞳映画村へ。

ここは二十四の瞳のロケ用のオープンセットで、あの名作はここで

撮影された。

現地の方が小豆島で一番といううどんやさん、三太郎へ。

またまたかまたまです。

日帰り小豆島の旅の締めくくりは日本三大渓谷美である寒霞渓。

開通50周年という歴史あるロープエー乗り場へ。

さすがに渓谷ならではの迫力と美しい景色が目の前に広がる。

頂上からの景色。靄がかかっているが遠くに瀬戸内海と小豆島の町

が見える。

屋島同様ここでもかわら投げが出来る。200円でかわら5枚。

やっぱりやってしまった。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>