高校時代、部活の遠征以来の函館。

旅の目的はいかを食べる!呼子のいかは何度も食べたがどちらが

うまいか。

赤レンガ倉庫。お土産やさんがわんさか。

初日はあいにくの雨だったが、2日の朝は晴天。

早速、函館市場を散策。

函館山から眺める市内。美しい景色を堪能。

天使の聖母 トラピスチヌ修道院。実際にここには厳格な規律

のもと修道女が今も生活しているのです。この写真は、ルルド

の洞窟。

この美しい建物から真正面に函館市内と海が見渡せる。

五稜郭タワー。高さ107メートルの360度ガラス張りの

展望台は函館の全てが見える。もちろん、ここから見ないと

五稜郭の美しい五角形は分からない。

たまたま夏の緑の五稜郭だが、春には桜でピンク、冬には

白い雪交じり、秋には紅葉。四季を楽しめるので今度は別の

季節に来たい。

ちょっと足を延ばして大沼へ。函館の開港に伴って入居し

た外国人の保養地として開発されたそうだが、湖畔や駒ケ岳

が壮大で素晴らしいリゾートになっている。

一応外国人墓地もおさえておきました。

函館山からの夜の絶景を満喫。100万ドルの夜景!

函館の夜景が美しいわけは・・・左右が海ということ。

たまにテレビCMにも使われる有名な八幡坂。

函館ハリストス正教会。元町の教会群のシンボル。

元町公園。

旧函館区公会堂。ザ・明治、ザ・ハイカラという感じ。

函館市旧イギリス領事館。

函館西波止場。

日本最古のコンクリート電柱。大正12年に造られたそうだ。

旅のもうひとつの目的は、函館夏競馬。日本で唯一海の見える

競馬場だ。

函館の旅は2泊3日あればほぼ全域回ることができる。レンタカ

ーもいいが、レンタサイクルで動くことをお勧め。坂の多い町なの

で少し高くても電動がいい。また、車で市内から一時間くらいで行

ける大沼はお勧め。

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>