企業として存在し続けるには儲けなくてはならない

程度の差あれ企業が存続していくには適正な利益は必要不可欠である

では儲けるにはどうしたらいいか?

儲けるとは「信」+「者」

信者、そう熱狂的なファン(顧客)を創造することが必要不可欠

熱狂的なファンが新たな熱狂的なファンを引き寄せる

ネットの世界でも口コミの世界でも

圧倒的な商品やサービスであれば熱狂度が高まり儲かる

現代であればアップルやマイクロソフトなどの製品

日本にも過去にはソニーのトランジスタラジオやCDなどがあった

愚直にお客様のニーズに応えることを思考するとともに

まだ想像もしていない潜在的な顧客ニーズにまで入りこむ努力が必要だ

革新性の高い、愉快な商品やサービスで信者を増やしたい

儲かるためには妥協は許されない

儲かることを悪とせず、儲かるために何をすべきか

どこまで儲けたいか

自然と目標が定まり、逆算して何をすべきかを思考するようになる

今行っているビジネスを努力もせずに

「儲からないビジネスなんだよね」と決めつけたら終わり

何が何でも儲ける!

何が何でも成功する!

この強い思考が儲けるための第一歩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>