小さいころから

「お天道様が見ているよ、悪いことをしちゃダメ」

「お天道様の下を、堂々と歩ける人になりなさい」

などと母や祖母に言われたものだ

なんとなく悪いことをしたら天罰や肩身の狭い状況に追い込まれるかもと

なんとなくやんちゃの抑止力になっていた

つまり誰かが見ていなくてもお天道様にはバレバレ

お天道様には嘘は見抜かれる

そんな感覚があった

ある意味たった一言だが

すごい道徳教育である

アメリカのキリスト教のような道徳の基礎になるものがない日本では

道徳教育は難しい

そんな中、お天道様論は究極だ

子供の教育にも使えるし

私たち大人であっても人の見ていないところでいかに努力するかを気づかせ

心底努力をしていれば願いは叶うと信じさせ

野球選手も誰も見ていないところでいかにバットを振るか

サッカー選手も誰も見ていないところでいかにボールを蹴るか

結果がどうであれ

自分自身=心のお天道様が

自身の宗教にもなり

心の支えにもなり

モチベーション向上にも貢献してくれる

そして、

理性をつくり

バランス感覚を磨き

強いメンタルを育む

大なり小なり形は違えど

このようなお天道様論を持っている

成功した事業家

徳高き人

一流のスポーツ選手

を私はたくさん知っている

今の時代こそ

武士道の恥を重んじ、清廉潔白、礼儀正しくを胸に刻み

お天道様論の復活が

日本の復活の小さな鍵かな

と考えることがある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>