今日のメルボルンは快晴。友人に聞いたら今年一番の暑さとか・・・。本当に小さな街なので散歩感覚でシティのメインの観光地は歩けてしまう。

フランダース・ストリート駅。1854年に完成したオーストラリア最初の駅。歴史的建造物に認定されているエドワード王朝風の駅舎はメルボルンのシンボル的存在。日本で言えば東京駅みたいなものかな。

フェデレーション・スクエア。中には入っていないが、エンターテイメント施設。

街の所々でこのような壁のアートが見られる。

フィッツロイ庭園。緑の多いシティーにおいてひときわ大きな公園で、18世紀後半にキャプテン・クックが住んでいた家や温室がある。非常に広々して癒される空間だ。

セント・パトリック大聖堂。オーストラリア最大のゴシック様式の聖堂で1858年から80年以上の年月をかけて完成させたそうだ。かなり迫力のある建造物だ。

ビクトリア州議事堂。1856年に建造されたコリント様式の建造物。角度と階段を見るとニューヨークのメトロポリタン美術館のような感じだ。

歩くこと10分少々で、カールトン庭園へ。シティの北東にある公園。

世界遺産に登録されている。何処へ行っても緑が広がり空気の美味しい街。沿道にも至る所にアウトサイドのカフェがあるが、排気ガスなど空気が悪ければ成り立たないもの。非常に心地いい場所だ。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>