カナダを離れいよいよアメリカへ。エアポートホテルを利用したので朝が本当に楽だった。カルガリーエアポートの中には、デルタホテルがある。道路を渡るともう航空会社のチェックインカウンター。朝が早かったので助かる。

ゲートで既にシアトルの天気は雨と出ていたのでわかっていたが・・・あいにくの雨。タクシーでホテルへ。こんな世界経済が混とんとしている中でアフリカンの運ちゃんが、「シアトルはいいよーー、景気も悪くないしね。なにせマイクロソフト、スターバックス、アマゾン、ボーイングの本社があるからね。」と勝ち誇っていた。景気が良ければわかるが・・・数年前、トヨタが1兆円利益を上げていた時の名古屋のように。

まあ、とにかく1日しかない滞在なので雨がどうこうのと言っていられない。初めからこの時期雨が多いのはわかっていた。

エアカナダでカルガリーを出発!およそ1時間20分のフライト。

最初に訪れたのが、パイク・プレイス・マーケット。そんなに大きなマーケットではないが、1907年に創設され、アメリカの公設市場の先駆け的な存在。スターバックスの一号店もここにある。

魚介類を売るここでは、名物になっている店員のパフォーマンスが市場を盛り上げている。注文がはいると手前の店員が中の店員に投げるのだ。キングサーモンでさえも・・・。周囲は買いもではなく、写真撮影している人でごった返している。

昼は市場内の食堂?でサーモンのあら汁のようなものを食べた。非常にアジアンテイストだった。

続いて、5分ほど歩いてモノレール乗り場へ。片道2ドルでダウンタウンからスペースニードル間を結んでいる。シアトルはこじんまりしている街だが、ダウンタウン付近の観光名所ではここだけ少し離れているので便利だ。

スペース・ニードル。高さ184m。展望台まで150mの高さで東京タワーに比べるとかなり低いが、周囲に高いビルがないのと、山々にダウンタウンが囲まれているのでじゅうぶんな高さで存在感がある。何せスペースというだけあって円盤のような展望台は面白い形だ。

スペース・ニードルからのダウンタウン。

今度はもうひとつの観光地であるウォーターフロント。

天気が悪かったので迷ったが、ハーバークルーズ(アゴシークルズ)に挑戦。基本的にこうゆうハーバー系のの都市に来た場合は必ずこの手は乗ってみる。

エリオット湾をシアトルのダウンタウンを望めるようにしながら遊覧する。ちょっと雨と天気で視界不良だったが、街の全体像を把握するには良かった。

セーフコフィールード傍も通る。この球場は寒いと聞くが、わかる。海のそばで風が吹いているので冷えるだろう。残念ながら本日は試合がなくイチローを応援することはできなかった。

シアトル美術館。美術館のシンボルになっているハンマーを振り下ろす巨大な彫刻。

1泊しかないので夕食はシアトルのシーフドを食べたくてウォーターフロントへ。

とにかく、地場のオイスターが美味しいと聞いていたので6ピースに挑戦。白ワインに合うんだなーー。

続いてカニ。シアトルのシーフードははずれがないので安心と聞いていたが、ここは美味かった。

今回宿泊のホテルは、エグゼクティブホテルパシフィック。スプリングstと4stのことろ。ロケーションがよくリーズナブルなのでお勧め。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>