今日もエクスプローラー・カナダ・ホリデーズの「ヨーホー国立公園とモレーン湖+ジョンストン渓谷散策」という1日観光に参加。ヨーホーとはインディアンの言葉で「美しい」。正直、バンフ旅行は相当時間がないと自分で移動するのは難しい。効率よく観光するには現地の旅行会社に直接依頼するのがいい。ガイドの加藤さんとともにホテルを8時30出発。昨日とは違いかなり冷えた朝だった。途中雨も降ったが、素晴らしい山と湖と黄葉を見れたので大満足!

今回の旅行でカナディアン・ロッキーには再び来たいと強く思った。主要な場所は2日間で回ったが、少し時間をかけて釣りやハイキングやゴルフなど観光以外の目的を持ってくると更に楽しいと思う。また、イエローナイフとの組み合わせでオーロラ+ロッキー+VIA鉄道なんてのもいいかなという気がする。いずれにしても少し時間をかけるのがいい。

まず、最初に訪れたのがモレイン湖。テン・ピークスと呼ばれる山々に囲まれて深いエメラルドグリーンが美しかった。カナダの旧20ドル札にも採用されていた。個人的には、いきなり本日一番好きな湖。

高いところから眺めるのと平地で目線を同じにしてみるのとでは水面の色が全く違う。

スパイラル・トレイン・トンネル。列車が急な峠を上がれるように8の字を描いてトンネルが掘られている。運よく、列車の通過に立ち会えれば・・・

立ち会えました(笑)物凄い長い貨物列車が通過する際、手前、中間、奥と三段に列車を見ることが出来る。非常にラッキーだった。あまりに長い列車のため、途中帰ってしまう人も・・・

タカカウ滝。岩肌から400mくらいの落差。想像以上に大きな滝で驚いた。何と言っても山上の氷河がとけて湖が出来てそこから流れてくるという過程がいい。

かなりの水量だ。タカカウ滝のタカカウとは、インディアンの言葉で英語で「グレート」だそうだ。

エメラルド湖。あいにくこの辺で雨が降り出し、お弁当も車の中で食べることに・・・

雨が降っても美しい。

湖畔にはロッジがあり、長い木の橋を渡るとロッジが連なっており先へ先へと進める。少し丘のように高くなっているため奥の方から眺める湖がより深いエメラルドでいい。まさに文字通りエメラルドレイク。

ナチュラル・ブリッジ。

キャッスル・マウンテン。スコットランドにあるエジンバラ城に似ているということでキャッスル・マウンテンと名づけられたそうだ。元々インディアンの間ではロストマウンテンと言われていたようだ。見る角度により、形が大きく異なるため、この岩を目印にしていると迷うということ。

ジョンストンキャニオン。滝そばまで1km程散策できる。

途中、リスに遭遇。カメラを向けたら走り出してしまった。

バンフまでの帰り道。あまりに黄葉が美しく車を止めて観賞。空の青さと黄色が今日も映えている。

更にガイドの加藤さんが、近くのポプラの木々の中へ入れるところまで連れて行ってくれた。小さな黄色い葉が風に揺れる。遠くから見るのも美しいが近くからもまたいい。

バンフに戻り、ホテルからカルガリーのエアポートまで2時間弱のドライブ。残念ながら今回カルガリーのダウンタウンには行けなかったが、遠くにうっすら見える。あす朝は、いよいよアメリカへ。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>