滞在時間が短いため効率よく1日を過ごさなければならない。こういう時はオプショナルツアーに限る。お得意のこちらのツアー会社に申し込んだのがノースバンクーバー半日観光?のようなもの。カピラノ吊り橋とグラウス山の2大スポットを回れるものだ。ガイドもこちらの人なのですべて英語。完璧には理解できないが、まあ英語のいい練習になる。何故かタイ人の40代中盤でアーリーリタイアして世界中旅している男性と意気投合。似たような境遇といい加減な英語でお互いコミュニケーション。「いつ日本に帰るの?」「いつバンクーバーを出発するの?」などいつ?という表現を必ずWhenではなくWhat timeを使うとても面白いおじさん。私も注意しなければ・・・こんな風に普段思われているんだろうなーー。

ガイドが言っていたが、バンクーバーでは地域予算の25%は公園や沿道の木など緑や環境保全に費やすそうだ。だから美しい街なのだ。海・山などの大自然が身近にあり、街中の緑にお金をかけ景観の美しさを維持しながら世界中の人を魅了して外貨を獲得する。うーん、極端な例だがこんな街、国の生き方もある。日本は経済成長一辺倒で景気後退の中でも成長こそ日本の生きる道、というような風潮がまだまだある。それを全面否定するわけではないが、人間も企業も社会も他の道を模索してもいいのかなと改めて思わされた。「日本は国土も狭く、観光資源もないではないか!」という意見が舞い込んできそうだが、そんなことはない。世界中旅しても経済力以外での観光資源含め世界に誇れる素晴らしい魅力は日本にもある。国の新しいアイデンティティを創造する時期ではないか。最近は言われなくなってきたが、海外の人達から「エコノミックアニマル」という印象のままで止まっているのはあまりにも寂しい。

あと、カナダも首都オタワが政治の中枢で経済はバンクーバーやトロント。アメリカもワシントンが首都でニューヨークやロサンゼルスが経済の中枢。中国も北京と上海。どれも国土が広いということもあるが、日本も東京一極集中のリスクはそろそろ本気でヘッジしないといけない。昨今の地震、原発、台風、そしてテロ、紛争などが発生した場合国家機能が停止してしまう。予算も時間もかかるが真剣に議論すべき。どうしても「のど元過ぎれば熱さ忘れる」になりがちだ。

最後に、ホテルのマッサージを受けたら大橋巨泉の写真と色紙があり思いだした。実は、私はこの人の生き方に憧れて起業したのだ。理由は簡単で若いうちに稼いで早い段階でリタイヤし、家族と快適な季節に快適な場所で過ごしながら生きる為にはサラリーマンでは不可能だからだ。そして、今回の旅であらためてベストな選択だなーと感じた。ここバンクーバーは住むには本当に素晴らしいことろ。でも唯一の欠点は冬が寒い。しかし、夏は最高。彼は、夏場をバンクーバーで過ごし、日本の冬に夏になるゴールドコーストで過ごし、桜の美しい時期に日本に戻るという地理的にトライアングルを描くのだ。これが、究極だ。改めて大橋巨泉は凄い。

ノースバンクーバーバスツアーの車内。

カピラノ川に到着。ここで鮭の孵化や養殖場を見学。なんとここで放流された鮭の数十%は遠い海の向こう北海道付近まで行き7年の年月をかけて戻ってくるらしい。これには感動。

こんなバスです。

マイナスイオンいっぱいの森林を散策。

付近に滝やダムもある。水は豊富できれいだ。

カピラノ吊り橋に到着。

トーテム公園。

出ましたカピラノ吊り橋。長さ137m、高さ70mの吊り橋。揺れて写真撮影も困難。

トレイルの整備されている公園になっていて空中散策ができる。

樹齢1300年のDOUGLAS FIR。

CLIFFWALK。足がすくむーー。遠くに見えるのが、カピラノ吊り橋。

移動して、グラウス山を目指してゴンドラへ。

ノースバンクーバーのゴンドラ内から眺めるバンクーバー。

スカイライドというゴンドラで1128mの麓に到着。

親を失い保護されているグリスリーの木像。

きこりのショーをやっている。

縄だけであっという間に上がって降りてきた。

グリスリー。熊さんです。

続いて、グランビル橋の真下、フォールス・クリークに浮かぶ小さな島のような半島がグランビル・アイランド。20世紀の初めに工場街として存在していたが、現在はショッピングやレストランなどがたくさん集積し、観光スポットに。

パブリックマーケットにはたくさんの食材が売られている。何もかも新鮮。シーフードや肉、フルーツ。美味そう。かわいらしい造りで、まるでディズニーランド内のようだ。

最後は駆け足でブリティッシュ・コロンビア大学へ。1915年に創立したカナダの名門校。公園やビーチ、ガーデン、アートギャラリーなどがあり学校ながらにして観光名所にもなっている。

生徒数はなんと約3万5000人。凄すぎる。

番外編。ホテル内のマッサージ屋さんにて。

超番外編。2年前のまだ仲睦ましかったころの玉置浩二と旧真理夫人の色紙。ちょっとレアものです。

食事は、昨日からコリア料理中心。今晩は、スンドゥブとプルコギ。昼観光で食べられなかったので思わず大食いに。

本日は午後から雨。部屋からの雨のバンクーバー。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>