1ヶ月に及ぶ家族同伴の旅もオーラス、沖縄旅行。3泊4日の滞在だったが、心配していた台風にもあたらず、天気にも恵まれラッキーだった。この1年で、広島、長崎、知覧など日本の戦争に翻弄された主な地を訪れてきたが、いよいよ地上戦の舞台となった沖縄。こんなに空が青く、エメラルドグリーンの海が広がる美しい島で、60数年前にこんな悲惨なことが起こったとは信じ難った。

ひめゆりの塔では、戦争の悲惨さを風化させないため、後世に語り継ぐためにひめゆり同窓会の方々の努力で立ち上がった「ひめゆり平和記念資料館」を見学した。国を守るため命をかけて戦い、本土からの援軍も期待できなくなる中で、仲間が次々に殺害されていく、、、米軍の進軍が続き逃げ場を失う中での突然の「解散命令」。解散後のほうがたくさんの学徒達が亡くなった。逃げ隠れ、洞窟に手榴弾を投げ込まれ、降伏することが非国民として許されない状況とはいったいどんな心境だったのか。想像さえも出来ない程恐ろしい。

どうして、もっと早く終戦にしなかったのか、、、原爆の犠牲、東京大空襲。知覧の特攻隊で亡くなった青年達、沖縄の地上戦の犠牲になったひめゆりたち。すべて、終戦の半年前頃からの出来事。最後の抵抗がいかに悲惨な事態を招いたか。そもそも戦争がいかに愚かで悲惨でむごい事かと心が痛むしかなかった。

平和祈念公園。沖縄戦終結の地であり、平和の礎や国立戦没者墓地などがある。墓地には沖縄戦で亡くなった12万人にも及ぶ沖縄の犠牲者の名前が刻まれている。皮肉にもここから眺める海の景色は素晴らしい。

世界遺産、斎場御嶽(セーファうたき)。琉球王国の聖地でかつては琉球国王も参拝したと言われている。

神の島、久高島に向かい祈りを捧げた。

ここはスピリチュアルスポットでもある。

ニライ橋カナイ橋。高低差100メートル、全長660メートルの連絡橋。ここから眺める景色は絶景だ。

世界遺産の首里城公園。1時間程でざーと眺められる。かなり中国の影響を受けている印象を受ける建造物だった。中国の影響を受けた韓国の建造物とも近い。とにかく石垣の高さや急な斜面、造りを目の辺りにすると難攻不落という感じ。しかし、近くで見るよりも夜に遠めからライトアップされている首里城を見るほうが幻想的でいいかも。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>