家族留学も4日目を迎え初めて8時間レッスンに挑戦した。午前中4時間、午後4時間。非常にハードなトレーニングになるが、かなり頭の中が英語に染まる。いい意味でかなりしつこく発音も修正してくれるし、様々なパターンを繰り返す。これは日本の英会話学校では考えられないパターンだ。日本では相当補修を自らしないと身に着く実感がないが、ここは頭の中にその場その場で叩き込まれる感じで日頃使わない能ミソの疲労度が高く筋トレで言えば確実に筋肉がついているような感覚がある。

食事はビュッフェスタイルで、ランチタイムには何故か先生が歌を歌ったり、空いた時間にはそこら中で英話が溢れている。非常に楽しい雰囲気があるのでリッラックスして勉強でき、時折ものすごい音でスコールが降ろうが、周囲が騒がしいが気にならず集中できる不思議な空間がここにはある。

生徒は3カ月から1年などかなり長い期間で学びに来ている日本人と韓国人が多い。話をすれば会社を辞めた人、西洋に留学する前に英語を学びたい人、世界一周する前に生き抜くために勉強する人、様々だ。いずれにしても、目的を明確にして集中して学習する人が多いのと、そういう人には最適な場所だと思う。

わが子もかなり英語のシャワーに慣れて、積極的に周囲の先生に話しかけるシーンも増えてきた。まずは異文化交流は成功。3週間後にはかなり成長している予感がする。楽しみだ。

 

2 Responses to 【フィリピン タルラク】タフな日々

  1. 島田さんのお子さんは高校生のうちの子より小さいですよね、吸収もはやいんだろうなぁ。
    ブログ楽しみにしてます。

  2. SHINJI より:

    ありがとうございます。昨日は、うちの家族と一緒にローカルバスで買い物に出かけていましたよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>