毎年土用の丑の日には鰻を食べる。基本的に日本の古くから継承される文化は大切にしたいと考えている。正月の初詣、七草粥、節分、お彼岸、お盆等々。元々、土用の丑の日に暑い夏を乗り切るために鰻を食べることが習慣になった。諸説では、平賀源内が商売がうまくいかない鰻屋から相談を受け、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したらしい。『う』のつくものは梅干、瓜なども食べる習慣があったらしい。

地元の鰻屋さんに行くと流石に稼ぎ時ということもあり多くのお客さんでごった返していた。鰻は好きで昔から良く食べるが、静岡の浜名湖産の鰻が今のところ一番。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>