バンコクの日本人の生活状況を探るため様々な角度から調査した。日本人の生

活している数は、公式では5~6万人と言われているが、10万人くらいいるので

はないかと現地の経営者の方が言っていた。また、日系企業をターゲットにして

いる派遣会社の社長の話では契約している会社で6000社。当然他にもあるの

で7500社位は進出してきているのではないかと話していた。また、大手ではな

く中小だけでなく零細が増えているようだ。

また、日本の市場は飽和の上、下降気味だが、タイはまだまだ大幅に成長してい

るので日本からも起業を目指してやってくる人は増えているようだ。不動産はここ

3年で1.5倍近く上昇して物価も徐々に上がってきているのも国力が上昇してい

る証拠だろう。

仕事については、日本企業として駐在に来ている方たちは待遇がいい。会社で

高級なアパートに住み、車も用意され、学校の費用もでる。この方たちは日本で

の給与をベースにもらっているので生活も楽だろうし、逆に物価が安いので貯蓄

も進むだろう。しかし、現地採用の日本人はまったく状況は変わる。

メーカーや工場が多いので、そのような会社での経験や生産管理などの特殊経

験を積んでいるか、公認会計士や税理士はすぐに仕事がそれなりの給与で見つ

けられるようだが、経験値が少なく、サービス業だけで手に職がないとあっても営

業職で月5万バーツ(15万円位)しか稼げない。会社に頼らず自力で行くことを

考えるなら起業がいいだろう。少なくとも小資本で、飽和した日本ではなく成長市

場で挑戦するのは魅力的なことだ。では何をすればいいのか、一つのキーは「日

本で流行っているものは流行る」と現地の経営者は言っていた。あまり新しいこと

を考えるより、同じものでもまじめにやればなんとかなるとも言っていた。つまり一

昔前の日本だ。あまり先を行きすぎない方がいいだろう。

住居は駐在などは家賃5万~9万バーツのところが一般的。日本円で15万から

27万くらい。想像しているより高い。しかし、部屋は大きく小さくても120へーベ

ー。普通に200へーベークラスのところに住んでいる。まったく贅沢だ。不動産を

通してもこちらは手数料というものがないのは魅力的だ。敷金もデポジットとして

2カ月分。退去するときにクリーニング代を除いてほぼ戻るし、家具などもどこも

完備されているので比較的引っ越しはしやすい環境だ。現地採用で自力で生活

している人たちは、1万から3万バーツは普通。格差は大きい。

物価はこのフジスーパーでチェックすると、卵1パック68バーツ、納豆2パック74

バーツ、カール22バーツ、おにぎり40バーツ、米5k282バーツ、日経新聞100

バーツ。X3で考えればよいのだが、ほぼ日本と同じものもあればかなり高いもの

もある。現地の人に言わせれば日本のものは3倍すると思っておけばいいよう

だ。

そして、ここはタイ人が親日なので生活するにはいいところだろう。また、魅力と

しては、ゴルフは平日なら1500バーツくらい。週末は1.5倍位になるようだが。

周辺に魅力的な国もたくさんあるので旅行するにも便利なことだ。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>