朝8時半出発のバスでプノンペンからシェムリアップに向けて出発

する。ここはキャピタルホテル前で多くの現地人とバックパッカーが

たむろする場所だ。昔、日本のヒッピーたちもこの場所から各地に散

ったらしい。

チケットをゲット。座席はほぼ満席。片道5ドル。タクシーで約40ドルらしい。

昨日のバスに比べぼろく、エアコンはついているが座席も狭く倒すこともでき

ない。まあ、こんなものか。

同じような一本道をひたすら走ること数時間してアクシデントが発生した。

左側からよろよろと馬が道に入ってきた。運転手もあわててクラクションを

鳴らすが間に合わずドスンと鈍い音を立てる。バスから降りて後方を見ると

馬が立ち上がれず痙攣をおこしていた。かわいそうだが、一本道でよけよう

とすれば道から外れて事故になるため致し方なかった。ここで、運転手が

各方面に電話したりして30分ほど足止めを食らってしまった。

音を聞いてか周囲から現物人が集まってきた。この道は、なんとか舗装は

されているもののデコボコでバスは小刻みに跳ねながら走るようだ。道路わ

きは赤土の砂埃が舞い、周囲の掘立小屋が霞むほどだ。

出発して3時間半でランチ休憩でドライブインへ。あまりにも食事がまずそう

なのでコーラで我慢。この季節の昼の温度は38度位にもなるので立っている

だけで汗が滴る。

ドライブインには人が集まる場所なので、社会問題にもなっているストリート

チルドレンの姿が見られた。たまたまかバスには私たち以外に観光客はおら

ず援助するような人はこの人たちくらいだろうと決めたらしく、二人でずっと見て

いた。近づいてベトナム通貨を渡すとニコニコして二人で話していた。バスに乗

り込む時もドア前で無言でおねだりしてきた。徐々に経済活動が活発化してき

ているが、こういう子供たちがまだまだ沢山いる現状を国際社会はもっと理解

する必要がある。

暫く走り2度目のドライブインでの休憩の頃には激しいスコールに見舞われた。

一瞬だが相当の雨量になる。

こんな風景が永遠と続き、道路わきには馬、牛、犬などが数多くみられ動物

が生活に欠かせない存在になっていることを感じる。

4時、結局7時間半かけてシェムリアップのバス停に到着。予定より1時間半

遅れだ。まあ、あの1本道では時間など正確に測れるわけがない。到着して

市内中心部に向かう無料バスに乗り込もうとすると待ち構えていたたくさんの

トゥクトゥクの運ちゃんが集まってきた。要するにホテルまで送らせろというこ

とだ。バス内で仲良くなったカンボジア人に聞いた話で、このトゥクトゥクはスク

ーターに荷台を接続して走るタクシーなのだが、新品で2000ドル、中古だと

500ドルと車のタクシーに比べて初期投資が安いため観光地であるこの場所

で暮らす男性は事業をしやすいのだそうだ。聞いたところ月給はなんと50ドル。

この男性は、クメール語、英語、韓国語、日本語の4カ国語も話せるのにだ。

海外で仕事をしたいが交通費もないらしい。優秀でも貧しいがゆえにこのような

生活をしている人は多いのだろう。日本もかつてはそういう時代があったのと同

じように。

到着してまずはビールで乾杯。毎日おなじようなことをしている。さすがに観光

地ということで西洋人をはじめ多くの外国人が見られた。また、過去にフランス

の植民地の時代があったためか西洋風の建物もある。とにかく商魂というか

生きていくために当然なのかものすごいパワーを感じる。生存競争が激しくそこ

らじゅうで客引きをする。パナソニックが近々代表事務所を他のメーカーに先

駆けて決めたのもこの国もポテンシャルを感じてのことだろう。

ビールを飲んでいるとたくさんの物売りが次から次へとやってくる。きりがない

ので断っていたが、この二人の女の子だけは断れずに1ドルではがきとお土産

のブレスレットを買ってしまった。こういう物売りで普段買うことはないのだが決

め手は2つ。まずは英語が上手いことと、年齢が12歳と10歳で私の娘と同じ

歳で重ねてしまったこと。ちなみにこの子たちは、夜7時半ころ食事に出かけ

た時も働いていた。生きていくために必死なのだ。

今回も安ゲストハウスにチェックイン。今回の旅行はタイ以外その場でふらり

と入って宿を決めている。重要視するところは、エアコンとWIFI。値段は1泊

15ドル。

部屋は小奇麗だが、大きなゴキブリがいた。まあ、このくらいで仕方ない。

夜は屋台で食事。

チャーハン、このちょっと酸っぱい魚のスープ、チキンフライのようなものと

ビールでしめて7ドル。適当に食べれば1人2,3百円で食べられる。

ここでも商魂たくましい。通りかかる外国人に群がる、屋台の店員女性たち。

食後はナイトマーケットを歩いた。なかなか面白い雑貨がたくさんあるし、

安いので各国の女性たちは喜んでショッピングを楽しんでいた。値段はあって

ないようなもの。いくらなら買う?と店員が聞いてくる。

この街には、多くの普通のマッサージとこのフィッシュマッサージがある。無数

の魚が足にあたり刺激をするのだが、これが1時間2ドル。人間が1時間フット

マッサージして3ドルが相場になっているので、いささかバランスがどうかと思う。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>