太平洋戦争末期の沖縄戦で爆弾を積んだ戦闘機で飛び立ち、帰らぬ

人になった若き特攻隊員の遺影、遺品などが並ぶ。ここは2度目の訪問

だったが、毎度衝撃が強い。終戦を迎える数ヶ月前の4月から6月までの

出来事でちょうど辞世の句に桜という文言も多数ある。今回は7分咲き位の

桜が咲いていたせいか、妙に心に残る訪問となった。

こんな桜を見て飛び立った隊員もたくさんいたのだろう。

ホタル館「富屋食堂」。特攻隊員たちから「特攻の母」と慕われた鳥濱トメ

さんの遺品や写真を展示している。明日にも命を絶たれる若者をここで最後

まで懸命に世話をしたようだ。

知覧から宿泊する指宿に移動。薩摩半島のこの温泉から眺める大隅半島。

内海らしく静かな錦江湾。大きなタンカーも行き交う。

名物の砂むし温泉へ。夕方だったので潮が満ちてきており浜辺では出

来なかった。しかし、やっていると間抜けな感じがするが体がぽかぽか

して気持ちがいい。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>