友人の紹介で一緒に、60年あまりの歴史のある万十屋へ。

ここで使用するもつ鍋は牛もつのみ使用している。使用部位は、大腸、

小腸、心臓、センマイの4種類だそうだ。まずは、鍋に少量のだしにこ

れらのもつを投入。

玉ねぎ、キャベツを投入。

最後にニラ。すべて調理はお店のおばさん達がやってくれる。出来あがっ

たころに再びやってきてゴーサインをくれるのだ。

仕上がりはこんな感じ。普通のもつ鍋よりもスープが少ない。スープを

足してくれないので飲みすぎると最後に麺が出来ないので注意!個性

があって満足感は抜群。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>