1泊だけのホテルを後にして朝7時前にラスベガスのダウンタウンのはずれ

のバスターミナへ移動。

こんなバスに6時間も乗るのか~。日本人の女性一人が乗客していた。

席はガラガラ。

今回、ラスベガスに来たのはこのラスベガスとロサンゼルスの砂漠道を

走りたかったから。見たかったひたすら続く砂漠道に大満足!

ネバタからカリフォルニアへ。

何時間もこの景色が続くのだ。

乗車して2時間半でランチ休憩。30分ここで思い思いの時を過ごす。アメ

リカ的な道の駅?ここで60歳のアメリカ人女性と仲良くなりE-mail交換。妙

に一人旅同士盛り上がってしまい、彼女のバスにまで連れて行かれた。

遠くには雪が見えるが、気温はかなり低い。白い幕があるのはバスの窓が

汚れているだけ。

6時間のロングドライブを終えホテルにチェックイン。今回はリトルトーキョー

に滞在するので窓から見る景色はなんちゃってラーメン屋さんやスナック。

友人と待ち合わせをして最初に向かったのはサンタモニカ。ものすごい幅の

ある砂浜が特徴。湾のはずれにはプライベートビーチがある。水は冷たいらしく

実際夏でも海水浴は厳しいそうだ。

サンタモニカの道路脇の通り。さすがに奇麗な通りだ。

続いてビバリーヒルズに到着。18年前に一度訪れているが相変わらず

すごい高級住宅地だ。このホテルはビバリーヒルズホテル。ホテルカリフ

ォルニアのアルバムのジャケットにも使われたホテルだ。

ロデオドライブ。プリティーウーマンでも同じみ。高級ショッピング街。

夕食は再びサンタモニカに戻り、カリフォルニア料理の店へ。月曜日はシェフ

お任せの特別メニューの日ということもあり大混雑。

基本的にフランス料理をカリフォルニア風にアレンジしたお店だ。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>