一生に一度はいきたい。こんぴら参り。

神様に馬を差し出したことから神馬は生まれたが、それがかなわぬ人たちから

木に馬の絵を描いて差し出す。ここから絵馬が生まれたとか。

御本宮まで石段78段を登らなくてはならない。最後の石段。

この辺は讃岐富士だけでなく似たようなかわいらしい小山がたくさんある。

御本宮には、大物主神と崇徳天皇が祀られている。

どうしてもお参りすることが出来ない人は、代わりに犬に託したことからこんぴら犬の

伝説が生まれた。

四国唯一の特別名勝庭園、栗林公園。フランスのガイドブック「ミシュラン」で

三ツ星に選定されている。江戸時代の歴代藩主が100年あまりをかけて完成

させた名園。紫雲山を背に紅葉が混じりあまりの美しさに感動!

飛来峰からの景色は特に素晴らしい。

こんなハートも。

高松城があった「玉藻公園」。生駒家4代と松平家11代の藩主の居城。

現在、天守閣はないが構築を目指し工事が進められていた。この日、石垣

見学会を行っていた。

源平の合戦の舞台を見下ろす屋島へ。合戦の舞台は霧がかかっており

雰囲気があった。

名物のかわら投げに挑戦。

中央の輪の中目指して投げる!

瀬戸大橋公園からの瀬戸大橋。その先は岡山県。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>