長崎は龍馬の第二のふるさとと言われている。亀山社中や異国情緒豊かな

長崎を訪ねて龍馬の息遣いを感じる。

亀山社中付近は階段や坂が多く非常にたずねるにはつらい場所だが景色といい、

雰囲気といい幕末にタイムスリップしそうなところだ。

龍馬が神戸海軍操練所出身者を中心に組織した日本で最初の商社。航海技術を生か

して物資や貿易の仲介をしていた。薩摩藩名義で武器や艦船の購入をあっせんして

薩長連合へ繋がる大きな役割を果たした。亀山社中はの名は、拠点を構えた地「亀山」

と仲間・結社を意味する「社中」を合わせて呼ばれていた。

展示品。レプリカだが、乙女宛の手紙などもある。

遠くスコットランドから渡来したトーマス・ブレーク・グラバー。異国の商人、倒幕の野望

に燃える志士、西洋の学問を志す若者達がわずか150年前にここで激動の時代を

形成していった。今尚残されている建物から景色を眺めると非常に懐かしく心がざわめく

感じがする。さすがに岩崎弥太郎が三菱を設立しただけあって周囲には三菱の看板が

目立つ。

長崎の平和祈念像。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>