帰省途中に長岡に立ち寄り「へぎそば」を食べてきた。

本場は、小千谷や十日町のようだがどうしても食べたくて長岡で有名な

小嶋屋をチョイス。山菜もこの季節は地元でとれるので麺だけではなく、

天ぷらも最高です。

「へぎそば」とは、

へぎ(片木)と呼ばれる器に載せて供されることからこの名が付いたそうだ。

この器へは、蕎麦を小さな束にして盛りつけていく。

本来は「へぎ」に盛り付けたものだけを指すのだが、布海苔つなぎの蕎麦で

あれば広義で「へぎそば」と表記する場合もあるようだ。

http://www.nagaokakojimaya.com/

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>